読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーラーのテリーが日々の思いや感じたことを綴ります。カードリーディングによるスピリチュアルメッセージも定期掲載中!

スピリチュアルメッセージ 2017年5月15日

おはようございます。テリーです。

昨日は「母の日」でしたね。

お母さんに日頃の感謝を伝えることができましたか?

私の母は16年前に他界しているのですが、今でも常に見守られている実感があります。

特にこの時期、母の日も勿論ですが、5月が母の誕生月だったこともあって、いつにも増して母の存在を近くに感じることの多い日々です(╹◡╹)♡

 

さて、それでは今日もお花が伝えてくれるスピリチュアルメッセージをお伝えしていきますね。

 

今日の花「ローズ」(和名:薔薇)

f:id:align-terri:20170423113508j:plain

薔薇は、「幸福」「真心」「愛」「美」の象徴で、花びらの色によっても、それぞれに意味があります。

 

真紅は「献身的な愛」

白は「優美」

ピンクは「歓び」と「感謝」

濃紅色は「奥に秘た美しさ」「勇気」そして「敬う心」

 

今のあなたに相応しい色はどれでしょうか?

直感的に気になる色、または好きな色を選んで、その色エネルギーであなた自身を「心からの祝福」と共に包み込んであげましょう。

 

今日の「薔薇」のカードは、あなたが「あなた」であることの大切さ、「あなたの存在」そのものが真の祝福の対象であることを教えてくれています。

 

「祝福」って、他人から受け取るものだと思いがちですが、自分で自分の存在を祝福すること、実はとっても大切なことなのです。

なぜなら、祝福するためには、まず、あなた自身が自分の存在を認め、愛する必要があるから。

 

社会の一部に組み込まれて、懸命に生きている私たち。

長い人生の中には、複雑に入り組んだ迷路に放り込まれたような気分になることもあります。

出口を見つけるために、自分の生き方、考え方、何ができるのか、何をすべきなのか・・・

必死になって模索しながら、成果の良し悪しはもっぱら周りの人の反応や評価が基準で、自分の存在や意志は後回し。

他人に受け入れてもらうことだけに夢中になって、人の顔色を伺いながらカメレオンの如く変幻自在。

それって、本当に正しいことでしょうか?

 

今日は、「自分の在り方」を考える材料として、マザーテレサの言葉を皆さんにご紹介たいと思います。

 

People are often unreasonable, illogical, and self-centered.  Forgive them, anyway.

人々は、ともすれば理性を失い、非論理的で自己中心的になるものです。

それでも良いから、彼らを許しなさい。

 

If you’re kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives.  Be kind, anyway.

あなたの親切を身勝手に受け取られたり、下心があるのではないかと疑われることもあるでしょう。

それでも良いから、親切でいなさい。

 

If you’re successful, you will win some false friends and some true enemies.  Succeed, anyway.

あなたの成功によって得られるものは、人々からの見せかけだけの友情と敵対心かもしれません。

それでも良いから、成功しなさい。

 

If you’re honest, people may cheat you.  Be honest, anyway.

あなたが正直であるがゆえに人々に裏切られることもあるでしょう。

それでも良いから、正直でいなさい。

 

What you spend years building, some could destroy overnight.  Build, anyway.

何年もかかってあなたが築き上げたものを一夜にして壊されてしまうこともあるでしょう。

それでも良いから、築きなさい。

 

If you find happiness, some may jealous.  Be happy, anyway.

あなたが幸せを掴むことを妬む人がいるかも知れません。

それでも良いから、幸せになりなさい。

 

The good you do today, people will often forget tomorrow.  Do good, anyway.

あなたの今日の善行は、明日には人々に忘れられてしまうでしょう。

それでも良いから、善い行いをしなさい。

 

Give the best you have, and it many never be enough.  Give the best you’ve got, anyway.

あなたの最善は、他人にとってはまだまだ不十分かも知れません。

それでも良いから、最善を尽くしなさい。

 

In the final analysis, it’s between you and God, it was never been you and them, anyway.

要は、例えそれが何であれ、問題はあなたと天(神)との間のことであって、彼らとのことではないのです。

 

いかがでしょうか? なかなか深いですよね。

これだって、自分の存在を自分でしっかり認めない限りは出来得ることではありません。

世の流れと共に、私たちが身を置く物質界には様々な変化が生まれ、傾向も変動しますが、ブレない自分を作ることはとっても大切。

 

自分という確たる存在を心から愛し、理解し、受けいれ、そして自分の人生を最後まで生き尽くすことの意味と重要さ。

他人を許し受けいれること、イコール 自分を許し受けいれることだとも言えます。

 

ほんの小さなスペースでも良いので、心の中にいつも置いておきたいことです。

 

Enjoy what you have, where you are, and who you are ❤️

 

 

 

※ 次回のスピリチュアルメッセージは、6月19日にお届けします。