Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーラーのテリーが日々の思いや感じたことを綴ります。カードリーディングによるスピリチュアルメッセージも定期掲載中!

スピリチュアルメッセージ 2017年9月20日

おはようございます。テリーです。

日中はまだ気温が上がりますが、朝晩は涼しく、過ごしやすくなりましたね。

季節の移り変わり目は、心身にも様々な影響を与えます。

どうぞ皆さん、くれぐれもご自愛ください。

 

さて、それでは今月のスピリチュアルメッセージをお届けしますね。

 

今日の花クレマチス(和名:鉄線、風車) 

f:id:align-terri:20170917083150j:plain

クレマチスは修景用のツタ植物として人気の花です。

修景とは、自然環境と統合し、景観を美しく整えること。

ロシアでは、クレマチスは「旅の楽しみ」を象徴するそうですが、一般的には、「精神力」「創意・想像力」「巧妙さ」を意味します。

クレマチス(Clematis)の名は、ギリシャ語の"Klema"から来ていて、「枝」「発芽」「伸びる」という意味があるのですが、それと同時に「中断」「折れる」「解消」という意味も併せ持つそうです。

スピリチュアルな花でもあり「豊かな知性」「ビューティフルマインド」「ポジティブ」「落ち着き」などをメッセージとして私たちに与えてくれます。

 

クレマチスは、私の大好きな花です。

「自然環境に統合し・・・」とあるように、なかなか強靭で、それでいて、どこか凛とした、内面的な強さと豊かさを感じさせる美しい花だと思います。 

ちなみに、私が暮らしていたカナダの自宅にもクレマチスはありました。

ツルでどんどん伸びるので、ゲートに這わせて育てていました。

私がいた地域は冬の寒さがとても厳しくて、私が体験した最低気温はマイナス48℃!

凍ったバナナでクギが打てます… って、試したことはありませんが(笑)

もちろん雪も半端な量ではありません。

一冬の総積雪量が10メートル近くになることも。

だけど、クレマチスは、そんな冬をたくましく乗り越えて、夏になる頃には前年より更にたくさんの花を咲かせてくれていました。

人間も、そんな風にたくましく生き抜くことができたらいいですよね〜。

 

厳しい状況にいるとき、皆さんはどうしますか?

躍起になって、逆風の中でも前に進もうとするか、もしくは、事の成り行きを見守りつつ自分を「静寂」に保ちながらパワーを蓄えて、躍動の時に備えるか・・・。

目の前にチャレンジがあるからこそ、俄然やる気が湧いて頑張れる!という人もいるかもしれませんが、それも事と次第によります。

あなたの力の使い方、特に大変な状況にいる時のことを考えてみてください。

効率的でしょうか? それとも無謀?

 

暫く前の、ある方へのセッションです。

その方は、「身を粉にする」という表現が正にぴったりの生き方を長年して来ました。

いわゆる完璧主義というやつで、仕事も私生活も、自分にできることは、例えそれが意にそぐわないことであっても、100%の成果を目標にやろうとする。

だけど、それと同時に、自分の中で、常に不調和音が鳴り響いていることにも気づいていて…

自分では目一杯頑張っているつもりなのに、達成感が感じられないどころか、焦燥感が募るだけ。

それって、完璧なイエローカードなんですが、その方は、自分の弱さだと思って、更に自分に鞭打ってしまう。

結果的に、何が正しいのか分からなくなって、私のところへスピリチュアル・ガイダンスのセッションを受けに来られたわけですが…。

私がその方からまず最初に感じ取ったことは、体も心も、まるでオイル交換を何年もしてない古びたエンジンみたいで、このままにしておくと、いつ故障するか分からないどころか、修理さえ難しくなりそうな… そんな感じ。

ちなみに、ご本人には、その自覚は全くありませんでした。

 

人間というのは不思議なもので、一旦歯車が回り始めて勢いがつくと、なかなか止めることができないんですよね。

速度を緩めることも、ペースを壊してしまいそうでコワイし…。

それに、昨日までこれでやって来れたんだから、今日も明日も、その先も、ずーっとこのままでいい…はず…。だって、これが私の人生だもんッ!

そんな風に、一種の呪文とも言えるような言葉で自分を言い聞かせながら生きてる人、結構多いように感じます。

「これが私の人生」… 確かに今あなたが生きている人生はあなたのものですから、その表現は誤りではありません。

でも、どうせなら、諦め半分の冷めた目で人生を見るより、自分の生き様に誇りを持って、ポジティブに楽しみながら生きたいと思いませんか?

 

私たちは、様々な経験を通じて学び、魂としての成長を遂げるために生きています。

でも、一度の人生では全てを学び切れないから、またいずれ再生(転生)して来ます。

だけど、いくら次があるからと言って、その次がいつやってくるかは今の時点では分かりません。

電車のように決まった時刻表があって、これを乗り過ごしても、何分待てば次が来るみたいな風にはいかないのです。

それに、どうせなら、やり直しじゃない方がいいでしょう?

だから、「今をどう生きるか?」が、大切なのです!

 

文頭のクレマチスの花の説明の中に、ギリシャ語のKlemaのことがありましたが、時として、私たちの人生も、伸ばすためには不要なものを切り捨てて、必要なところに必要なだけの栄養(パワー)が行き渡るようにする必要があります。

それには、かなりの勇気を要することも当然あります。

そして、勇気の元になるのが正しい判断力。

今、一踏ん張りして思い切ることで、ネガティブをポジティブに転化できるかどうか、自分自身でしっかり見極めることです。

でも、クタクタに疲れてしまっていては判断力も鈍ります。

疲れは、肉体よりも、精神的なものの方がキツイ。

精神の有りようも、その人の個性ですから、人それぞれ、レベルや限界も違います。

どこまでならOKなのか、自分の限界を知る必要も当然ありますね。

 

良いことを更に良くするためには、要らないもの、間違った方へ伸びようとしている枝葉は切り去ってしまうことも必要です。

草花は、自分ではすぐに要らない枝葉を切り払うことはできませんが、人間にはできます。

そのために備わっているのが知恵であり、思考力であり、感情であり、そして、行動できる肉体です。

 

「私の人生!」その言葉を、全身全霊、何のためらいも臆面もなく、ポジティブに誇り高く言えるような生き方を、どうか常に心がけてください。

誰一人例外なく、それを可能にする権利と自由が与えられているのですから。 

 

Bless you all!

Terri

 

P.S. 毎月20日にスピリチュアルメッセージをお送りしています。また来月も覗いてくださいね!