Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリストミディアムのテリーが思いや感じたことなどを綴ります。

③ スピリチュアルアート by Lizzy

こんばんは、テリーです。

沖縄は梅雨が明けたそうですが、関西もそろそろでしょうか。

1週間前の大阪北部を震源地とする地震で家屋にダメージが及んだ方々には、お天気の変化もきっと心配の種でしょうね。

西宮はお陰様で無事でしたが、震源地周辺の被災者の方々には改めてお見舞いいたしますと共に、どうか1日も早く平穏な暮らしが戻りますよう、心よりお祈りしております。

 

さて、今日はリジーのスピリチュアルアート・リポートの最終回として、二週末に渡って行われたワークショップに関する報告です。

 

スピリチュアルアートといっても様々な種類がありますが、今回のワークショップでは、初回が「ヒーリング」に重点をおいたワーク、そして2回目は「エヴィデンシャルアート」にもトライしていただきました。

ちなみに、「アート」と聞くと、「私には絵心がないから無理!」みたいなリアクションを取る方が多いのですが、スピリチュアルアートに関しては実際のところ、絵の上手・下手はさほど問題ではありません。

一番のポイントは、何と言ってもミディアムシップに不可欠な「エネルギーを感じる」です。

そして、そのエネルギーの波動に意識を委ねて、色や形で感じ取ったものを描き、視覚化します。

今回は、スピリチュアルアート初体験の方も多かったのですが、リジーコーチングによって、期待以上の成果を実感していただけた様子。

 

f:id:align-terri:20180624220036j:plain

 

ワークは、2人ずつペアになって行い、お互いに、相手に必要なメッセージを伝え合うというスタイル。

中には、初体験だったにも関わらず、気がついたらしっかりエビデンシャルアートで、お相手の亡くなったおば様の顔が瓜二つに描けちゃってました!とか、お相手が最近過ごした1日を象徴する物が描けていた!なんて方もあったり・・・

様々なサプライズと共に多くの感動や嬉しい涙も多々あって、そして何より、想像以上に「絵のパワー」によって霊界の意思がはっきり伝わった事に皆さん驚いておられたようでした。

 

基本的にミディアムが目的とすべきものは「癒し」です。

それは、例えどのような種類のミディアムシップであっても同じ。

そして、ミディアムにとってスピリチュアルアートは、また違った感覚で霊界との関係性が実感できる作業でもあり、「スピリットと共に描く」という行為そのものが、シッター(セッションを受ける人)だけでなく、ミディアム自身にとっても大きな癒しであることを参加者の皆さんに実感していただけたことが、リジーと私にはとても嬉しいことでした。

 

f:id:align-terri:20180624220634j:plain

 

今回のリジーの来日は、リジー本人にも、またセッションに参加してくださった方々にとっても、そして勿論 私にとっても、とても印象的、且つ大切な思い出となる出来事の連続だったように思います。

ジーも日本がたいそう気に入ってくれたようですので、また近い将来、再来日のチャンスに期待しましょう(^^)

そして最後に、今回のイベントにご参加くださった皆さま、改めまして大変ありがとうございました!