Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリストミディアムのテリーが思いや感じたことなどを綴ります。

亡くなって間もない方との交信

こんばんは、テリーです。

今週末は三連休ですね。
関西は、また暑さが戻ってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は、スピリットコミュニケーションのセッションが続いた一日となりました。
偶然にも、午前と午後一番のセッションで交信の対象となられたのは、どちらもお亡くなりになってまだ日が浅い故人様でした。

巷では、亡くなって直ぐは交信できないとか、四十九日までは控えた方が良いみたいなことも言われているようですが、私の経験では、そんなことはありません。
実際、お亡くなりになって随分年月が経っていても来ていただけないケースもありますし、それほど時間が経っていなくても積極的にコミュニケートしてくださる方もおられます。

霊界におられる方との交信は、あくまでそのご本人の意思に委ねるのが原則です。
ミディアムであっても、その意思を無視することはもちろん、強要することもできません。

その方のご性格によるところも勿論あります。
ご生前に饒舌だった方は、霊界に行かれても言葉巧みにお話しなさいますし、寡黙だった方は、言葉よりも感情が先に伝わってくる場合が多いです。
シャイな方は、言葉や感情が受け取れるまでに少し時間がかかったりすることもあります。
亡くなっても、個性は変わらないのです。

ただ、やはり亡くなってすぐの方の場合には、今の状況にまだ慣れておられないせいか、受け取れる情報が希薄なことはあります。
その辺のところを、もう少し分かりやすく説明しますね。

死は「新たなステージへの移行」であり、この先も永遠に続く「魂の成長と進化」のプロセスの一環です。
ですから、本来、霊界は私達の本拠地(故郷)で、未知の世界ではありません。
でも、そのことを私達は、生まれると同時に忘れてしまいます。
なので、この世を去って霊界に戻ると、またその環境に慣れるまでの時間が必要になるのです。

この世と霊界には次元の差があって、波動(エネルギーの振動数)が異なります。
ミディアムは、自身の波動を意識的に調整し、霊界の波動に合わせることによって霊界とコンタクトを取ります。
でも、コミュニケーションは一方通行では成り立たないので、霊界との協同作業がスムーズに運ばないと上手くいきません。
例えるなら、電話と同じです。
電話は、掛けても応答がないと相手と話せませんし、応答があっても通信状態が悪いと、声が途切れて何を言っているのか聞き取れませんよね。

霊界への移行は、引越しのようなものでしょうか。
どんなに住み心地の良い最高の環境であっても、引越し直後は周囲の状況に不慣れで、何をするにも手間取るはずです。
この世に残る家族と話したくても、今ひとつ要領がつかめなくて通信状態が不安定だったりもするのでしょう。

ケースバイケースですが、セッションを始めて直ぐには、ぎこちなさを感じる方でも、暫くすると落ち着いてお話ししやすくなる事もあります。

ちなみに、私の場合は、もし、どうしても対象となる方と交信できない場合には、私のミディアムとしてのお役目をサポートしてくださっているガイドスピリット(指導霊)を介して、その方の現在のご様子などを、可能な限りではありますが、確認してお伝えするようにしています。

霊界のことや、死後の暮らし、現在の様子などなど・・・
大切な方を見送ったご遺族には知りたいことがたくさんあるはずです。
ミディアムが役目とするのは、霊界におられる方の声なき声を、声にして伝えること。
セッションに興味はあっても、今までミディアムに関わったこともなく不安に思われる方もおられるかも知れませんが、ご予約前のご質問にも誠心誠意対応させていただきますので、どうぞご遠慮なくご連絡くださいませ。

では、明日の連休最終日も良い一日となりますように・・・

おやすみなさい。