Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリストミディアムのテリーが思いや感じたことなどを綴ります。

『見えないから無い』ではないというお話

おはようございます、テリーです。

昨日、Facebookでこんな記事を見つけました。

原文を日本語に訳してシェアしますね。

 

母親の子宮の中にいる双子の赤ちゃん(AちゃんBちゃん)の会話です。

 

A「ねぇ、〈生後の世界〉ってあると思う?」

 

B「勿論よ。まだ分からないけど、きっと何かあるはずよ。今はたぶんその準備をしてるんだと思うよ」

 

A「いやいや、それはないでしょ。〈生後の世界〉なんてバカげてるわよ。仮にあるとしたらどんな世界なのよ、それって!?」

 

B「う〜ん、そうね・・・例えばここよりもっと明るくて、もしかしたら足を使って歩くことが出来るのかもしれないし、食べ物だって口から食べるのかもしれないでしょ。他にももっと色々あるかもしれないけど、今はきっと分からないだけなのよ」

 

A「えぇ〜!?歩いたり、食べたりって、いくらなんでも、それはオカシイわよ! だって、栄養はヘソの緒から摂ってるじゃない。でも、ヘソの緒は短いからそんな遠くに行ける訳ないし、だから〈生後の世界〉なんて、な・い・の!」

 

B「そんなことないわよ。絶対に何かあるって! ただ、今とは違うから分からないだけよ。もしかしたら、ヘソの緒なんか要らなくなるんじゃない?」

 

A「ったくもう、それはないってば! それに、もし本当に〈生後の世界〉があって生きてるんなら、どうして誰もこっちに戻って来ないの? ここにいる間は生きてるけど、出産のあとは何もない〈無〉になるだけなの!」

 

B「そうかなぁ・・・私はそんな風には思えないわ。あ、でも、少なくともお母さんには会えるわよね。で、お母さんがさ、私たちをちゃんとケアしてくれるのよね」

 

A「お母さん!? あなた、お母さんも信じてるの? もう、笑っちゃうわよ〜! 本当にそんなもんがいるとしたら、今どこにいるの?」

 

B「お母さんは私たちの周りにいて、私たちを包んでくれてるのよ。私たちはお母さんの一部なの。私たちが生きていられるのは、お母さんがいるからだし、お母さんがいなければ、私たちの存在もないわ」

 

A「マジ!? でも、私にはお母さんなんて見えないから信じられない! 見えないものが存在する訳ないじゃん!」

 

B「私にだって見えないよ。でも、じっと静かに耳をすませてみて。ほら、お母さんが感じられるでしょ? 時々、声だって聞こえるよ。あ、ほら、今、私たちに話しかけてくれてる気がする。どう、わかる?」

 

さて、どうでしたか?

ユーモラスな会話ですよね。

でも、この会話の〈生後の世界〉を〈死後の世界〉に、そして〈お母さん〉は〈大霊(創造主・神)〉に置き換えてみてください。

霊界や霊魂の存在を、見えないから、分からないからと否定してしまうことが果たして正しいのかどうか…??

 

以上、『見えないから無い』ではないというお話でした。

 

それでは皆さま、今日も良い1日をお過ごしください❤️