Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリストミディアムのテリーが思いや感じたことなどを綴ります。

ご無沙汰しておりました

おはようございます、テリー です。

暫くご無沙汰している間に9月になりました。

依然コロナ禍が続く中、厳しい残暑に加えて今度は台風の心配・・・

ホントに今年は、なかなか気の休まる時がありませんね。

 

さて、そんな中ではありますが、過日お知らせしましたセッションルームの移転。

お陰様で無事に作業も完了し、明日(9月3日)からいよいよセッション再開の運びとなりました。

 

今年はコロナの世界的パンデミックという前代未聞の事態に見舞われて、様々な形で私たちの生き様そのものに影響が及んでいます。

春頃には「夏になれば状況が緩和するはず」と期待していたものの、結果的には第二派に見舞われてしまい、多くの夏ならではの行事にもストップがかかってしまいました。

毎日の生活の中では、コロナ前には『当たり前』だったことがどんどん様変わりして、その変化に行動と思考を合わさざるを得ないという、なんともストレスフルな日々。

でもね、霊界は相変わらず、いや、今まで以上に、私たちへの見護り体制に力を注いでくださってるんですよ。

以前にもお伝えしたかと思いますが、コロナが始まってからというもの、リーディングをしていると、とにかくその方の周りにたくさんのスピリットの存在を感じます。

どのクライアントさんも例外なくそうです。

ガイドさんは勿論ですが、その方のご先祖や縁者の方々が円陣を組んでのサポート体制って感じです。

 

コロナに関しては、いつまで続くのか分からない現状で先が見えない不安に包まれることもありますが、確実に言えるのは、時は過ぎ季節は巡っているということ。

そして、物質界におけるものは全て、いつか終わりがきます。

だから希望を捨てずに、毎日を生きるしかありません。

でも、私たちの心身の状態は決して毎日が同じではありませんから、頑張れる日とそうでない日があって当たり前。

「私はここまでならイケるけど、これ以上は無理」

そんな風に割り切れば良いですし、ダウンタイムがあってもいい。

自身のキャパを知って自分を追い詰めないこと。

これ、とっても大切です!

 

あと、皆さんに忘れないでいただきたいのは、私たちの本質である《魂》自体はいつ・どんな時も健全であり、その魂の故郷である霊界も完全無欠な世界だということです。

見えない世界だからなかなか実感できないかもしれませんが、霊界の声なき声を届けることを役目とするミディアムとしての立場で、もし私にサポートできることがありましたら、メッセージの伝達、ヒーリング、スピリチュアルな理解を深めるための学び、などなど・・・

どうぞいつでもお声掛けください。

セッションは従来通りの対面式、またはリモートでも提供しております。

 

尚、《スピリチュアルセミナー》に関しましては、今年度の参加者の皆様には既存スケジュールで残りの2回(10月&12月)を開催しますが、新規の方々へは個別講座へと形式を変更させていただきます。

この変更に伴って、それぞれの方のニーズに沿ったカスタムメイドの講座を提供できるようにもなりますし、ご都合に合わせた日時にお越しいただけますので便利になるはずです。

勿論、スタートのタイミングも随時でOKです。

詳細はHPに掲載しておりますが、ご質問等ありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします❤️