Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーラーのテリーが日々の思いや感じたことを綴ります。カードリーディングによるスピリチュアルメッセージも定期掲載中!

スピリチュアルメッセージ 2017年8月20日

おはようございます。

お盆も過ぎて、朝晩の暑さが緩和してきたように感じます。

だけど、まだまだ残暑は続きそう・・・

ちなみに、熱中症は気温だけでなく、高湿度が原因になることもあるそうです。

引き続き、体調管理に気を配って、元気に夏を乗りきりましょう!

 

さて、それでは久々にお花のカードでスピリチュアルメッセージをお伝えしていきたいと思います。

 

今日の花:ブルーベル(イングリッシュ・ブルーベル) 

f:id:align-terri:20170817080154j:plain

ブルーベルのキーワードは「感謝の心」と「謙虚な気持ち」。

妖精の花としても知られ、儚げながらも、子供の心のような無邪気で優しいエネルギーを運んでくれる花です。

 

感謝を伝える言葉「ありがとう」は、「滅多にない」「珍しい」を意味する「有り難し」が語源だそうです。

ということは、元々は、そうそう簡単に起こりそうもない・有りそうもないことが現実になった時に抱くのが「感謝」の心で、それを言葉にしたものが「ありがとう」ってことなのかな?

でも、感謝の心は、ごくごく日常的で当たり前のことに対してこそ、持ち続けていたいと私は思うのですが、皆さんはどうでしょうか?

 

ブッダの教えの一つである「諸行無常」は、この世に在るもの全ては時の流れとともに変化し、何一つとして、同じ状態で留まることはないということを説く教えですが、実際に、当たり前だと思っていることが、ある日・ある時を境にそうで無くなってしまうことは、私たちの人生の中に多々あります。

 

失ってから分かる有難さ。

その確たるものが身近な人の存在です。

中でも顕著なのが、親の存在。

親なくして子は生まれませんから、否応なしに誰もが親の死と直面する日が必ず来ます。

子供にとっては、親はいるのが当たり前で、いつまでもいてくれるように思ってしまいがちですが、決してそうでないことは言うまでもありませんよね。

親が子を思ってしてくれること・言ってくれること。

子供にとっては、疎ましく感じることもあり、感謝の言葉どころか、邪険に憎まれ口を叩いてしまうなんてことも、皆さんおそらく経験があるでしょう。

でも、実際に親を亡くしてしまうと、親の有難さが痛いほど身にしみて、生前疎ましく感じた事さえも愛しく思えたり、また、「あんなこと言わなければ良かった」「あの時こうしてあげれば良かった」なんて、後悔の念に苛まれたりもするものです。

 

私は、ミディアムという立場上、亡くなった方に対して生前伝えられなかった思いや言葉を伝えて欲しいと依頼を受けることも多いのですが、実際には、こちらが伝達したいことは、それが後悔の念であっても、感謝の言葉であっても、霊界におられる方たちは既に十分に分かっておられます。

私たちが抱く感情や思い(思念)そして言葉も、全てはエネルギーであり、その波動が霊界におられる方に瞬時に届くからです。

勿論、亡くなった方々は、霊界に居場所を移しても、我々を常に見守り、心を運んでくださっている存在です。

ですから、物理的な「諸行無常」はあくまでこの世の話であり、一旦肉体を脱ぎ捨てて魂の存在となって再び霊界へ帰還すると、魂と魂のダイレクトな関係性がいつまでも継続すると理解して良いのでしょう。

 

あの世に行った方が、この世に残った者に対しての後悔や、詫びたい気持ちを持っておられるケースも勿論あります。

その場合は、やはりミディアムを通じてなり、然るべき方法を取らないことには、こちら側にはなかなか意思は通じません。

「後悔 先に立たず」と言いますが、逝く方も、送る方も、そんな思い残しの原因は作らない方が良いに決まっています。

 

「感謝の心」と「謙虚な気持ち」。

人として、いつ・どんな時にも心に留めておきたいことですよね。

大切な人・愛する人に限らず、今、この世で時を共にしている周りの人たち、また在る物すべてに対しても、決して当たり前だと思わずに、謙虚な気持ちと感謝の心で接すること。

そして、人に伝えたいこと・伝えるべきことは、きちんと、その都度、心をこめた言葉でしっかりと伝えるということを日々心がけましょう。

 

Love and Light ❤️✨

 

※スピリチュアルメッセージは、毎月20日の掲載です。

無事帰国しました

こんばんは、テリーです。

暫くお休みをいただいていましたが、無事イギリスより戻りました。

f:id:align-terri:20170801004758j:plain f:id:align-terri:20170801004902j:plain f:id:align-terri:20170801013750j:plain

 

お陰様でSNUの認定試験にも合格し、念願の称号 "CSNU" (Certification Holder of The Spiritualists' National Union) をいただいて来ました。

f:id:align-terri:20170801020642j:plain

出発前、そして現地に着いてからも、たくさんの方から応援のメッセージを送っていただいて、皆さんの温かい励ましの言葉に心から感謝しています。

本当にありがとうございました!

 

下の写真は、CSNUの授与セレモニーの様子です。

(左)SNU副会長 Minister June Englishによる証書の授与

(中)今回共にCSNUの称号を受けた仲間たち

(右)熱心に指導・サポートしてくださった先生方

f:id:align-terri:20170731234333j:plain f:id:align-terri:20170731234449j:plain f:id:align-terri:20170801013330j:plain

 

それから、これは全くのサプライズだったのですが、年に一度、SNUの教育講座習得生の中から優秀な成績をおさめたもの者に対して贈られるTed Annabel Prizeという賞を、な、な、なんと!この私がいただいてしまったんです!!

AFCサンクチュアリで一堂に会する中、突然名前を呼ばれたのですが、人間、不測の事態に遭遇すると固まってしまいますね(笑)

下の写真がその時の様子です。

(左)余りに唐突な出来事にフリーズしてしまった私のところへ、檀上におられたSNUの会長 Minister David Brutonがわざわざ来てくださってハグ。

(右)その後改めて檀上へ上がって一緒に記念撮影してくださいました。

f:id:align-terri:20170731235414j:plain f:id:align-terri:20170731235244j:plain

 

正直なところ、CSNUへの道のりは結構厳しかったです。

受験勉強は勿論ですが、試験に関しても、単なるペーパーテストや決まった内容の面接だけではなく、実地試験に加え、自分の意見を端的に述べることを求めらる質問項目や、15分のスピーチなども必須項目でした。

スピーチは、試験前夜は自室で深夜までタイムを計りながら練習。

当日も、4時起きで何度も繰り返しリハーサルしたりして・・・(汗)

手前味噌になってしまいますが、我ながら良く頑張ったと思います。

そして、頑張ったからこそ味わえる達成感と喜びの大きさというものも実感しました。

おまけに、Prizeまでいただけるなんて!

お世話になった先生方はじめ、ここまで色々な形でサポートをして下さった多くの方々に心から感謝しています。

 

現在、時差ボケ調整中のため、もう少しお休みをいただいて、5日(土)より通常通りのスケジュールで仕事に戻ります。

今回の成果、そしてもちろん今までの経験も合わせて、これからの活動に大きなプラスになるよう更に精進していきますので、皆さん今後共どうぞよろしくお願いいたします。

明日からお休みをいただきます

こんばんは、テリーです。

毎日暑いですね〜

我家のエアコンは、連日フル活動です。

 

さて、今週後半からイギリスでの研修に向かうため、明日7月18日より8月4日までお休みをいただきます。

 

先ほど現地 Stansted のお天気をチェックしたら、20℃台前半の涼しそうな気温でした。

湿度も40%程度で、カラッと涼しい空気の中で避暑気分を味わえそう。

ま、そうは言っても、今回はSNUの検定証をいただくのが目的なので、試験が終わるまではハイテンションと緊張の連続なのですが・・・(汗)

結果は、帰国後にお知らせしますね。

Please wish me luck!

 

尚、お休み期間中も、帰国後(8月分)のご予約をメールで受付けておりますので、ご希望の方はどうぞご連絡ください。

詳しくは、ホームページにてご確認いただけます。

↓ ↓ ↓

https://www.mediumterri.com

 

それでは、行ってきま〜す ✈️🇬🇧

西洋占星術 受けてきました♪

かれこれ2ヶ月程前になりますが、思うところあって西洋占星術のセッションを受けてきました。

お世話になったのは、鑑定士の琳子さん

私と同じ、西宮北口で「ランタンというセッションルームを構えていらっしゃる、朗らかで、さっぱりとした素敵な女性です。

 

実は、琳子さん、昨年12月に私のところへ個人セッションを受けにきてくださって、その時に、なんて澄んだたましいの持ち主だろう!って思ったんですよね。

そしたら、なんと、お仕事は鑑定士さんだって言うことだったので、是非、私も一度見てもらいたいな〜って思ってました。

 

西洋占星術

いわゆる星占いですが、よく雑誌に出ているような、〇〇座の人の金運は・・・とか、恋愛運は・・・的な、当たるも八卦当たらぬも八卦のザックリ系ではありません。

生まれた年月日と時間で、その人が生まれた時の星の位置から様々なことを読み解いていく、とっても正当なものです。

 

周囲の人たちに「西洋占星術で見てもらった」と言ったら、「えっ、テリーさん、そんなことしなくても自分で分からないの?」なんてビックリされたりもしたのですが、これが残念なことに、自分自身のことは分からないんですよね、いくらミディアムでも。

と言うか、自分のことがそこまで分かってしまったら、ある意味、生きている楽しみがないでしょ?

 

ちなみに、琳子さんの西洋占星術は、どんな事を見て欲しいのかを事前に伝えておいて、その点に焦点を絞って鑑定してもらいます。

なので、私の場合は、未来予測は不要であることをまず伝えて、仕事に関しての自分の立ち位置などを見ていただきました。

 

は? なぜ私は未来を知りたくないのかって?

いや、だって、未来は今の自分がどう生きるかによって変わるものじゃないですか。

だから、宿命は変えられないけど、運命はいくらでも自分の意志・行動で変えられるって言うでしょ?

 

とにかく、私の場合、今まで自分がやってきたこと、今やっていること、これからやろうとしていることが、自分が生まれながらに備えてきたものと、どの程度マッチしているかを確認したかったんです。

ま、私は基本、自分の本能に忠実に生きている人間だと自負していて、自分が見えていないと感じたり、歩くべき道を逸脱した人生を送っているのではないかと不安になったりみたいなことは、今まで一度もなかったけれど・・・

でも、たまには確認作業をして、正すべきことがあれば正しつつ、真摯に自分と向き合いながら、未来に向かうことが必要だって思ったんですよね。

で、琳子さんの西洋占星術によって、歩むべき道を自然体で、ごく正しく歩いてきていることが確認できたわけですが、お陰で、なんだか体が軽くなったような、爽快でハッピーな気持ちになりました(^^)♪

あと、私は、肉体的性別は女性でも、内面的には男性性の要素の方が優勢で、いわゆる「男前女子」ってやつだってことも分かったりして「やっぱりね〜!」と思ったり・・・アハハハ!

 

琳子さんの鑑定にご興味がある方は、こちらがホームページです。

タロットもなさってます。

↓↓↓

阪急西宮北口駅前のタロット占い・西洋占星術 〜ランタン〜

 

ちなみに、琳子さんも、ブログで私のことを紹介してくださってます。

良かったら、そちらの方も覗いてみてくださいね → 琳子さんのブログ

 

スピリチュアルメッセージ 2017年6月19日

おはようございます。テリーです。

 

関西は、確かもう入梅したはずだけど、ずっと良いお天気が続いています。

最近は地球温暖化の影響なのか、天候が本当に変わってきていますよね。

今年の夏はスーパー猛暑だという予報もあったり・・・

いずれにしても、これからの時期は水分補給や涼の取り方に気を配って、元気に過ごしたいものです。

 

さて、では今日もお花のカードを使ってメッセージを伝えていきますね。

 

今日の花「ワイルド・ローズ」(和名:野バラ

f:id:align-terri:20170609190917j:plain

バラのキーワードは、飾り気のないシンプルさ、そしてフレンドシップです

フレンドシップは、豊かな幸せをもたらすものですが、バラが示すフレンドシップは、必ずしも楽しいことばかりではなく、そこにはいくらかの痛みが伴うものであろうこと。けれど、その痛みこそが、あなたに大きな学びをもたらすことを教えてくれています。

 

私たちの人生におけるチャレンジの一つが人間関係です。

いかにして素晴らしい人間関係を築くかも勿論ですが、人間関係の痛い経験から何を学ぶかが、本当はもっと大切なことなのです。

 

親しい人、信頼していた人にがっかりさせたれた経験を持たない人は、おそらくいないでしょう。

どんなに仲良しで理解し合っていると思っている間柄でも、ほんの些細なこと、ちょっとした一言がトゲのように心に刺さってしまったりすることも珍しいことではない。

諍いまでには至らなくても、ボタンの掛け違いみたいなこともありますよね。

そういう時にどう対処するかはそれぞれでしょうが、取り敢えず大人が取るべき対応は、まずは自分を省みることかな。

自分に非があったか? それとも、何か誤解の原因になっているものがあるのだろうか? etc…

そして、 そこに正すべきことがあれば、勇気を持って相手にアプローチして話し合ってみるのが賢明、且つ理想的なやり方ではある。

 

けれど、実際には、これがなかなか難しかったりもするんですよね〜

我々、生身の人間ですから、冷静を欠いてしまうことだってあるし、それに、やっぱり我が身可愛さが先に立つ。

売り言葉に買い言葉で、喧々諤々の事態に発展してしまって、挙句の果てに修復不可で決別!なんてこともあり得ます。

だけど、そんなときに一番の辛さの原因になっているものは、状況の如何ではなくて、むしろ自分が抱えている「怒りの感情」だってことに、あなたは気づいているでしょうか?

 

この世には、不条理としか言いようのないことや、残酷な仕打ちを平気でする人もいるし、恩を仇で返すことをなんとも思わない人だっているから、いつも「あぁ、そうですか」と平然とは受け止めていられないのは事実です。

だけど、もう少し深くその辺のところを探ってみると、相手に対する嫌悪や怒りの感情が、何よりも一番自分自身を苛んでいるのも事実です。

 

「怒り」は、ネガティブな感情としては最上位ランクに入ります。

感情は、目には見えませんが、その正体はエネルギーです。

私たちの本質は「たましい」(霊魂・霊体)ですが、その正体もエネルギーです。

だから、怒りのような悪感情がかもし出すネガティブなエネルギーは、その怒りの矛先となる人より、むしろ、その感情を抱いている本人自身へのダメージの方が大きいのです。

 

自分の意にそぐわないことは受け入れるのが難しいし、事と次第によっては相手に腹が立って、やり場のない怒りをもてあますことだってあるでしょう。

だけど、物事の正誤や条理って、一体なんでしょう?

誰が決めるんでしょうか?

それって、もしかしたらあなたの個人的な見解?

それとも、我が身可愛さのエゴ? もしくは、プライドを守るための自己防衛的反応?

よく「一般常識」なんて言いますが、常識だって、必ずしも画一されたものではありません。

時の流れと共に進化していくものだし、お国柄や環境によって変わることもある。

だから、自分の常識 = 他人の常識とは一概に言えないはずです。

 

私たちは正に「十人十色」。

一人ひとりに「個性」というものがあります。

それが合っている・間違っているではなくて、個性はその人が持っている良いところ(長所)・悪いところ(短所)も含めた「全てを反映するもの」です。

長所だけの人間なんて、この世には存在しません。

あなただって、もちろんこの私だって、決して例外ではありません。

だけど、短所があるからって、そこにばかり焦点を当てて凹んでしまうのはやめましょうね。

長所と短所は、この世に昼と夜があるように、絶妙なバランスで互いをサポートし合っていることだってあるし、良いものが映えるのは、良くないものがその陰にあるからと言えなくもないでしょう?

 

あっ、でも勘違いしないでくださいね。

短所も個性だと言って、それを無謀に振りかざして正当化しろと言っているわけではありませんからね。

事態がどうであれ、誰かとの間で好ましからぬことが起きた時には、必ずそこには、その出来事を通じてあなた自身が学ぶべきことがあるということをお忘れなく。

そんな風に認識すれば、他人からの言葉や態度に対して、気持ちに余裕を持って対処できませんか?

そんな風にあなたが余裕ある振舞いをすることで、相手も何かしらポジティブなものを感じとって、事態が好転に向かうかも知れませんよ。

 

相手の悪いところを突っついて悦にいるのではなく、自分の良くないところ・良くなかったところも探るプロセスも不可欠です。

人の言葉が気に障る時って、案外、相手が自分の痛いところを突いているからだったりもするでしょう?

誰かに何か言われて、その時は猛烈に腹が立っても、少し時間が経って頭が冷えれば、「あぁ、確かに…」って、納得できることもあったりするじゃないですか。

いずれにしても、間違いなく言えるのは、他人を変えることはできないけれど、自分は、自分の意思でどんな風にでも変えられるということです。

自分の意のままに他人を変えようなんていうのは、例え相手が誰であろうとも、無理ですからね。

相手をベターな方へと向かわせたいなら、まずはあなた自身が変わること。

妥協するのではなく、物ごとの受け止め方をネガティブからポジティブな姿勢へと変換するのです。

 

今度、もし他人の言動によってマイナス感情を抱くことがあったら、まずは「個性」という言葉を思い出してみてください。

それだけで解決する事ばかりではありませんが、少なくとも相手に対する見方や感じ方が変わり、あなた自身が怒りの感情に苛まれて、苦しみを抱え続けることだけは回避できると思います。

そして、自分の感情が静まってきたら、更に少しまた見方を変えて、相手に対して「今度のことでまた一つ私に新たな学びの機会をくれて有難う」と、心の中で言ってみてください。

こちらがマイナス感情を手放すことで、相手に伝わるエネルギーの質も変わるので、話しづらかったことが話しやすいムードになったり、相手の態度も自然に和らいだりする。

それが、「エネルギーの法則」であり、「宇宙の法則」です。

 

人との出会いは、学びの機会。

人間、一人きりでは生きていけません。

バラ色の人間関係ばかりでなくても、私たちの個性同様、どんな出来事にも良い事・悪いことがあるから、それが私たちの学びの材料となり、その学びが成長の糧になるんだということを忘れないでくださいね。

 

Enjoy your life and stay being constructive!(人生を楽しみ、常に建設的でいましょう!)

Terri

 

※ 今回以降、スピリチュアルメッセージの掲載を毎月20日へと変更いたします。但し、7月に関しましては、20日が渡英期間中となるため、誠に勝手ながら掲載をお休みさせていただきます。8月からまた再開しますので、どうぞ変わらずテリーのブログ "Live Love Laugh, Sincerely" を覗きにきてくださいね。宜しくお願いします。

休業についてのお知らせ

こんばんは、テリーです。

 

さて、ホームページ上では既にご案内済みですが、来たる7月18日より8月4日まで、海外研修のためお休みをいただきます。

この間にお誕生月のスペシャルセッションをご希望方々にはご迷惑をお掛けしますが、7月生まれの方々には、8月21日まで期間を延長してセッションを提供させていただきますので、どうかご理解・ご了承いただけますようお願いいたします。

 

尚、お休み中のご予約・お問い合わせのご連絡につきましては、メールのみの対応となります。

時差およびスケジュールの関係で少しお返事が遅れる可能性もありますが、できるだけタイムリーな対応を心がけますので、宜しくお願いいたします。

 

以上、お知らせでした(^^)

スピリチュアルメッセージ 2017年5月15日

おはようございます。テリーです。

昨日は「母の日」でしたね。

お母さんに日頃の感謝を伝えることができましたか?

私の母は16年前に他界しているのですが、今でも常に見守られている実感があります。

特にこの時期、母の日も勿論ですが、5月が母の誕生月だったこともあって、いつにも増して母の存在を近くに感じることの多い日々です(╹◡╹)♡

 

さて、それでは今日もお花が伝えてくれるスピリチュアルメッセージをお伝えしていきますね。

 

今日の花「ローズ」(和名:薔薇)

f:id:align-terri:20170423113508j:plain

薔薇は、「幸福」「真心」「愛」「美」の象徴で、花びらの色によっても、それぞれに意味があります。

 

真紅は「献身的な愛」

白は「優美」

ピンクは「歓び」と「感謝」

濃紅色は「奥に秘た美しさ」「勇気」そして「敬う心」

 

今のあなたに相応しい色はどれでしょうか?

直感的に気になる色、または好きな色を選んで、その色エネルギーであなた自身を「心からの祝福」と共に包み込んであげましょう。

 

今日の「薔薇」のカードは、あなたが「あなた」であることの大切さ、「あなたの存在」そのものが真の祝福の対象であることを教えてくれています。

 

「祝福」って、他人から受け取るものだと思いがちですが、自分で自分の存在を祝福すること、実はとっても大切なことなのです。

なぜなら、祝福するためには、まず、あなた自身が自分の存在を認め、愛する必要があるから。

 

社会の一部に組み込まれて、懸命に生きている私たち。

長い人生の中には、複雑に入り組んだ迷路に放り込まれたような気分になることもあります。

出口を見つけるために、自分の生き方、考え方、何ができるのか、何をすべきなのか・・・

必死になって模索しながら、成果の良し悪しはもっぱら周りの人の反応や評価が基準で、自分の存在や意志は後回し。

他人に受け入れてもらうことだけに夢中になって、人の顔色を伺いながらカメレオンの如く変幻自在。

それって、本当に正しいことでしょうか?

 

今日は、「自分の在り方」を考える材料として、マザーテレサの言葉を皆さんにご紹介たいと思います。

 

People are often unreasonable, illogical, and self-centered.  Forgive them, anyway.

人々は、ともすれば理性を失い、非論理的で自己中心的になるものです。

それでも良いから、彼らを許しなさい。

 

If you’re kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives.  Be kind, anyway.

あなたの親切を身勝手に受け取られたり、下心があるのではないかと疑われることもあるでしょう。

それでも良いから、親切でいなさい。

 

If you’re successful, you will win some false friends and some true enemies.  Succeed, anyway.

あなたの成功によって得られるものは、人々からの見せかけだけの友情と敵対心かもしれません。

それでも良いから、成功しなさい。

 

If you’re honest, people may cheat you.  Be honest, anyway.

あなたが正直であるがゆえに人々に裏切られることもあるでしょう。

それでも良いから、正直でいなさい。

 

What you spend years building, some could destroy overnight.  Build, anyway.

何年もかかってあなたが築き上げたものを一夜にして壊されてしまうこともあるでしょう。

それでも良いから、築きなさい。

 

If you find happiness, some may jealous.  Be happy, anyway.

あなたが幸せを掴むことを妬む人がいるかも知れません。

それでも良いから、幸せになりなさい。

 

The good you do today, people will often forget tomorrow.  Do good, anyway.

あなたの今日の善行は、明日には人々に忘れられてしまうでしょう。

それでも良いから、善い行いをしなさい。

 

Give the best you have, and it many never be enough.  Give the best you’ve got, anyway.

あなたの最善は、他人にとってはまだまだ不十分かも知れません。

それでも良いから、最善を尽くしなさい。

 

In the final analysis, it’s between you and God, it was never been you and them, anyway.

要は、例えそれが何であれ、問題はあなたと天(神)との間のことであって、彼らとのことではないのです。

 

いかがでしょうか? なかなか深いですよね。

これだって、自分の存在を自分でしっかり認めない限りは出来得ることではありません。

世の流れと共に、私たちが身を置く物質界には様々な変化が生まれ、傾向も変動しますが、ブレない自分を作ることはとっても大切。

 

自分という確たる存在を心から愛し、理解し、受けいれ、そして自分の人生を最後まで生き尽くすことの意味と重要さ。

他人を許し受けいれること、イコール 自分を許し受けいれることだとも言えます。

 

ほんの小さなスペースでも良いので、心の中にいつも置いておきたいことです。

 

Enjoy what you have, where you are, and who you are ❤️

 

 

 

※ 次回のスピリチュアルメッセージは、6月19日にお届けします。