Live Love Laugh, Sincerely.

スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーラーのテリーが日々の思いや感じたことを綴ります。カードリーディングによるスピリチュアルメッセージも定期掲載中!

スピリチュアルメッセージ 2017年1月16日

おはようございます。テリーです。

 

この週末はよく冷えましたね〜

ここ西宮でも、昨日の午後は雪が降りました。

寒さは、どうやら今が本番の時期のようです。

体が冷えると免疫力も下がりますので、体調管理には十分に気を配りましょう。

 

さて、それでは今年はじめてのスピリチュアルメッセージをお届けしますね。

 

今日の花「レッド・ポピー」

f:id:align-terri:20170113103110j:plain

日本ではヒナゲシ、または虞美人草とも呼ばる赤いポピーは、「希望」と「永続性」のシンボル。

霊性にも深く関係していて、古代エジプトでは、あの世へと旅立った大切な人・愛する人の墓地にこの花をたむけ、その人がたましいの存在として無事に霊界で生き続けることを祈ったと言われます。

また、この世の者に対しては、休息と睡眠の大切さを示す花。

ギリシャでは、この花が「肥沃」(土地が肥え農作物がよくできること)を意味することからも、休息と睡眠を十分に取ることによって健やかな「からだ」「こころ」「たましい」の維持を心がけ、その健やかさを以って豊かな叡智を養うことが大切だということを教示してくれる花でもあります。

 

「永続性」は、スピリチュアリズムにとっては大切な基本概念です。

私たちは、この世においては肉体を持って生きる物質的な存在ですが、その本質は「たましい」であり、「たましい」は決して無くなるものではありません。

死によって、この世に物質的に肉体を持つ存在としていられなく無くなっても、「たましい」はエネルギーですから無くなることはないのです。

 

では、なぜ「たましい」は永遠の存在なのでしょうか?

それは、私たちには「成長」という共通課題があって、その成長の伸びしろには限界がないからです。

 

これでお終いだと思ったら、人間って結構いい加減になったり、投げやりになったりするものでしょう?

だけど、この先もずっと本質は変わらず続くものだという事実を踏まえるとどうでしょう?

少しでも良いものを良い形で、次に繋げようという意欲が湧きませんか?

毎日頑張って生きているんですもの。

その頑張りの先にあるるものは良い成果であって欲しいし、その成果を更に良いものに育てたい。

その思いこそが生きる糧であり、希望となります。

 

成長という課題は、一つの人生だけで終わるものではありません。

今世に肉体を持って存在できる状況は、死によって取り敢えず一旦終わりますが、実際には、生と死は切り離せるものではなく、宇宙の法則によって定められた一連の自然の流れに於ける変化にしか過ぎません。

なので、「死」は、「無」でもなければ「滅」でもなく、あくまでも、今いるこのステージから次のステージへの「移行」であると認識すべき。

そして、成長を継続する上で、更に何かを学ぶために「再生」に至るとされています。

いわゆる「転生」(生まれ変わり)ですね。

 

はい? だったら、今の人生をいい加減に生きても、その先があるからいいじゃないかって?

う〜ん・・・それはどうでしょうねぇ。

どう生きるかは個々に自由選択権がありますし、いい加減に生きることによって得られる学びもあるのかも知れませんが・・・。

けれど、そもそも今世に生まれた時に「今回はこう生きて、何をどう学ぼう」という目標を持って来ているわけですから、それをやり残したまま霊界に帰ってしまうと、補習材料をいっぱい抱えてしまうということになりますよね。

それでなくても、人という生き物は、何かにつけて「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と、後になって考えてしまいがち。

ならば、取り敢えず、出来ることは出来る内に、後々思い残しが無いようにしておいた方が得策と言うものではないでしょうか。

 

そももそ、私たちが学んで成長することの意味って何だと思いますか?

自分自身をより良い存在にするためであることは勿論ですが、本当は私たち、たましいのレベルでは皆んなが一つに繋がった、もっと大きな存在なんです。

「ワンネス」という言葉、聞いたことがあるかと思いますが、そのワンネスが正に我々はが一つであることを示す言葉です。

つまり、何事においても一蓮托生。

物理的には個々が別々に違った人生を送ってはいても、ワンネスの観点で見れば、チームプレーヤーです。

当然のことながら、個々のプレーヤーが優れていれば、チームとしての成績も上がります。

優れた存在になるには、努力と頑張りも必要。

1人で頑張るのが辛くても、皆んなと一緒なら頑張れることもあります。

チームプレーヤーの一員であるという事実は、どんなに反発しても変えようがありません。

それも宇宙の法則。

姿形は違っても、結局は核の部分(たましい)で、皆んな成長を目的に進んでいるんですよね。

 

未完成を失敗だと決めつけたり諦めたりするのも考えもの。

完璧はないにしろ、完成への過程にこそ学びの材料がたくさんあります。

そして、学びは、楽しめば楽しむほど身につくものです。

 

思考ばかりが優先して、あれこれ考え過ぎて疲れてしまったら、まずは必要な休息を自分に与えてあげてください。

心身が休まれば、ゆとりが生まれます。

ゆとりがあれば、物事の対処にも余裕を持って臨めます。

余裕があるということは、自分に備わった本来のパワーが十分に発揮できる状態になれるということでもあります。

本当に自分のパワーをフルに発揮できたら、例え期待した程の成果には至らなくても、存分にやり切ったという達成感が得られるはずです。

 

やり残しや思い残しのために後ろ髪を引かれたりすることがないようにする為にも、私たちにとっては、この今の人生を「しっかり精一杯生きる」ということが大切であり、それがここに与えられた責任だと言うことを忘れないでくださいね。

一つでも良いものを得て、その良いものを更に良いものとして、この先にも繋げて行きましょう!

皆さんにとって、今年も実り多き一年でありますように?

 

※ 次回のスピリチュアルメッセージは、2月6日にお届けします。